BIOGRAPHY

Drums:やおたくや / Keyboard:成田ハネダ / Vocal:大胡田なつき / Guitar:三澤勝洸 / Bass:露崎義邦

2009年に成田ハネダ(key)を中心に結成。バンド名はフランスの音楽家ドビュッシーの楽曲が由来。卓越した音楽理論とテクニック、70s〜00sまであらゆる時代の音楽を同時に咀嚼するポップセンス、ボーカルの大胡田なつきによるMusic Clipやアートワークが話題に。11年に1st ミニアルバム「わたし開花したわ」でデビュー。その後数々の大型ロックフェスにも出演し、対バン形式の自主イベント“印象”シリーズやワンマンツアーを行い好評を博す。15年9月に3rdフルアルバム「娑婆ラバ」を発表。12月には単独日本武道館公演を行い成功を収める。16年 4月には初となる映像作品「Live at 日本武道館 ”GOKURAKU”」をリリース、 7月27日に両A面シングル「永すぎた春/ハイパーリアリスト」をリリースし、待望のテレビでの初パフォーマンスも行った。今年CDデビュー5年を迎える。記念となる年の幕開けとなる、11/23にはNEW SINGLE「メーデー」のリリースも決定。年末には「パスピエ 5th Anniversary Hall Tour」の開催も決定している。